キハ54:幌延駅…(2020.01.04)

2020/01/13 10:13
早朝6時3分に旭川駅を発ち、昼12時8分に稚内駅に着くという普通列車が運行されている…他地域へ出て、稚内へ引揚げる場合の移動手段として、この列車に乗車することを存外に好んでいる… ↓幌延駅で少し長く停車する…ホームで車輛を眺める… ↑旭川・名寄間は2輛で運行され、後方の車輛が名寄駅で切り離され、以降はキハ54単行で北上する…走行時に巻き上げる積雪や降雪が車輛後方に吹き付けられる… ↓進行方向側は相対的に綺麗なのだが… ↓この「吹き付けられた雪の車輛..

続きを読む

<サロベツ>(“ノースレインボー”編成)…:旭川駅(2019.11.11)

2019/11/13 05:42
旭川・稚内間の特急列車<サロベツ>は、通常は4輛で運行している。それに乗車しようと旭川駅に入れば、何やら「5号車自由席」というようなアナウンスが在って「?」と思った… ↓ホームで自身を含む乗客を待ち受けていたのはこの車輛だった… ↑キハ183系ディーゼルカーを改造したモノで、5輛の固定編成になっている“ノースレインボー”だ… ↓車輛が変わっても、札幌からやって来る左の<ライラック>と接続で利用可能という状況に変わりは無い… 車輛の感じや駅の中の感じ..

続きを読む

2本の<ライラック>…:旭川駅(2019.11.11)

2019/11/13 05:41
所用で札幌へ出て、用事が済んだ後には旭川に向かい、旭川から夜の列車で稚内へ引揚げる…そんな段取りで動いていた… ↓とりあえず夕刻の旭川駅に着き、ホームで一息入れていた時に出くわした光景だ… ↑右の3番ホームに停車している<ライラック>は札幌から乗車して到着したばかりの列車だ。左の4番ホームに停車している<ライラック>は、到着した時点で出発に向けて待機中であった列車で、間もなく動き始めようとしている… 2本の<ライラック>…同じ仕様―新幹線開業の頃に、函館から..

続きを読む

旭川駅:雪…(2019.11.08)

2019/11/12 17:57
雪が断続して、多少積もったという状況の稚内から夕刻の特急列車に乗って旭川へ南下した… 或いは「トンネル内より“暗さ”が“深い”??」というようなことを考えてしまう、灯りが余り見えない区間ばかりを列車は走破した訳だが…稚内から旭川まで、雪が降っていたり、降った雪で辺りが白く染まっているというような場所が多い気がしていた… ↓旭川駅に到着し、外に出て駅側を振り返った時の様子だ… ↑「敢えてモノクロ」と撮影している画だが…「感覚的」に言えば、現場が「モノクロになっ..

続きを読む

<ライラック>⇒<サロベツ>…:旭川駅(2019.07.20)

2019/07/25 07:08
札幌・旭川間を移動し、旭川で列車を乗換えて、旭川・稚内間を移動…乗換えて「直ちに列車が発車」というのなら、何となく落ち着かず、多少疲れた気分になる場合も在るかもしれないが…10分間程度の“インターバル”が在って、ホームで一息入れて、乗って来た列車と、乗り込む列車の車輌を何となくゆっくり眺めることが出来るような状況であれば…個人的にはそういうのは嫌いではない…そして、そういう時間は鉄道車輛の写真を撮って愉しむ場合も在る… ↓左側の列車は、札幌から旭川に到着した<ライラック..

続きを読む

<奈良市総合観光案内所>=旧 奈良駅舎(2019.04.02)

2019/05/29 08:19
奈良に関しては…何となく1泊して「好感度上昇!」ということになった…それを踏まえて、「奈良に滞在して関西方面で過ごす…」ということも試行してみた…好い感じだった… ↓大変に気に入った建物… 奈良県内を色々と動き回り、連泊中のJR奈良駅傍の宿に引揚げ、食事等を愉しもうと夕刻の街に出てみた時の様子だ… 建物や高架の鉄道が灯りに浮かび上がる感で、駅の側へ歩いている人々のさまが影のように見えている…何処となく「SF的な世界?」を想起する画であるような気もする… ..

続きを読む

もっと見る