<奈良市総合観光案内所>=旧 奈良駅舎(2019.04.02)

2019/05/29 08:19
奈良に関しては…何となく1泊して「好感度上昇!」ということになった…それを踏まえて、「奈良に滞在して関西方面で過ごす…」ということも試行してみた…好い感じだった… ↓大変に気に入った建物… 奈良県内を色々と動き回り、連泊中のJR奈良駅傍の宿に引揚げ、食事等を愉しもうと夕刻の街に出てみた時の様子だ… 建物や高架の鉄道が灯りに浮かび上がる感で、駅の側へ歩いている人々のさまが影のように見えている…何処となく「SF的な世界?」を想起する画であるような気もする… ..

続きを読む

<奈良市総合観光案内所>=旧 奈良駅舎(2019.02.24)

2019/03/12 23:37
<X100F>に加えて<X-Pro2>も使うようになり、撮影機会を設けることが増え、ドンドンと色々な画を撮る中で「ACROSのHDR画創り」の機会を減らしてしまっていた…久し振りに創ってみることにした… ユジノサハリンスクからウラジオストクを経て成田空港に上陸後に名古屋へ寄り、そこから近鉄の列車とJRの列車を乗り継ぎ、奈良に到着した… ↓高架のJR奈良駅を出て、直ぐに観光案内所の建物に入り、嵩張る荷物をとりあえず預かって動き続けようとした訳だが…建物の中で天井を思..

続きを読む

サハリン州郷土博物館(2018.10.28)

2018/11/02 07:39
↓広角ズームを入手して使うようになって以来、「気に入っている眺め」で試用して「少し違う感じ」を愉しんでいる。これもそういう例の一つになる… ↑視界を妨げてしまう木立の葉が落ちてしまう秋から春に視易い感じになる、「屋外展示の大砲と建物」という様子が入るサハリン州郷土博物館の画である… 地面から木立、そして屋外展示や建物と「情報量が多い?」という感じだが、<Xシリーズ>のセンサーは「こういうモノでこそ!」とばかりにその威力を発揮してくれている… 最近、戸外に出る..

続きを読む

サハリン州郷土博物館(2018.09.20)

2018/09/25 04:40
↓全般に“半逆光”という感な中、手前の噴水の水面や飛沫、庭園の植物、独特な形状の建物、空と雲と強めな陽射しと「様々な要素」の「色々な性質のモノ」が交ざり合った画になっている… この場所の“空気感”が濃縮されたような画だと思う…或いは「この場所らしい」と、場所のことを思い浮かべた時に思い出すような雰囲気に溢れている…

続きを読む

サハリン州郷土博物館(2018.01.25)

2018/01/25 14:15
↓「雪に閉ざされてしまった…」という感が強い画だ… ↑前々日の夜遅くから前日日中の荒天…更に深夜から早朝にも少し降雪が在ったようだ…この画を撮った時には、降雪も然程気にならず、風も微弱だったが… 積もる雪が複雑になっている街灯等に浮かび、陰影が交錯しているかのような状況…氷点下10℃のサラッとした雪の質感…独特な建物の形状…情報量の多い画だが、<X100F>の頼もしい描写力で、なかなかに好い感じに纏まった…

続きを読む

サハリン州郷土博物館(2018.01.18&16)

2018/01/18 10:13
↓暗い感じになる少し前の同じ場所で撮った画が気に入ったことから、朝の暗い時間に再度訪ねて撮った… ↑気にならない程度にチラチラと雪が降っている中である…「暗い感じになる前」以上に立体的な画になったように思う… ↓こちらが「暗い感じになる前」の画だ… 双方共に情報量が多目な画だと思うが、<X100F>は好い按配に画を纏めてくれる…

続きを読む

もっと見る