コルサコフの眺望:厳冬期の朝(2018.02.03)

コルサコフ港を一望する高台の朝…氷点下15℃近い中、やや強めな冷たい風が、特に遮るモノも無い高台をなかなかの勢いで吹き抜ける…「風が微弱な状態での更に低い気温」よりもキツいことは免れ悪かった…

↓北埠頭の様子…
03-02-2018 Port of Korsakov ACROS (2)
↑西天の彼方へ去ろうとする月も視える…

↓南埠頭の様子…
03-02-2018 Port of Korsakov ACROS (1)
↑半ば凍る海面の感じが面白い…

↓丘陵状な地形に拡がる市街の様子…
03-02-2018 Port of Korsakov ACROS (4)

冷えた海、冷えた空、冷えた空気…それらの、敢えてモノクロの画を撮っても感じられるような彩り…長時間粘るにはキツい状態の高台だが…ここからの冬季の眺め!素晴らしい!!

こういう様子を、寒さに負けずに確り記録する<X100F>…実に頼もしい!!

"コルサコフの眺望:厳冬期の朝(2018.02.03)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: