<603>と<612>:鹿児島の路面電車(2018.11.27)

「趣味の写真」という中、専らカメラの「AEブラケット」という機能で撮影し、モノクロに関してはフィルムシミュレーションの“ACROS”を利用する。そして適正露出と思えるモノを選んで保存して完結する場合が、モノクロ写真では殆どなのだが…「殊に気に入った画」に関してはHDR画を創ってみる…「趣味」の中で最も「趣味性」が「高い」と感じられる部分だ…

↓こういう画…モノクロのHDR画に仕上げてみたくなる…
27-11-2018 in Kagoshima pref-ACROS (6)
↑鹿児島の路面電車の起点・終点のようになっている鹿児島駅前停留所…3本の軌道が敷かれていて、数分毎に電車が発着する場所だ…鹿児島を訪ねてみると、ここに立寄って新旧の電車を眺めるのが好い…

画は、初登場が1959年というようなことで「間もなく“還暦”」という600形電車が偶々2輛集まっている様子だ…

灯りに浮かぶ構造物や古い電車の“金属感”…精密に描き込んだようになるHDR画の表現が似合う…この種の画は、愛用のカメラと共に方々で撮ってみたい感だ…

桜島:夕刻…(2018.11.27)

↓「路面電車で訪ね易い、桜島がよく見える場所」ということで、鹿児島に立寄った場合の“定番”になっている<ドルフィンポート>の辺りで、日没直後辺りの時間帯に桜島を眺めた…
27-11-2018 in Kagoshima pref-ACROS (5)
↑陽射しが強いイメージの鹿児島だが、この日は「繊細な光」という状況だった…

入港した船や港の灯り…雲が拡がって、噴煙が上がる空の微細な空気感…灯りの光が揺らぐ海面…<X-Pro2>の素晴らしい仕事だ!!

霧島神宮(2018.11.27)

少し時間を置いて撮った写真を視る時、「“写真”として??」と思う場合も在るのだが、「撮った時の思い出」の故に「推したい写真!!」という位に思う場合が在る…

↓これは「“写真”として??」と思わないでもないが…深い森の中に広壮な境内を擁する、古くからの由緒を誇る神社のムードは何となく出ている…
27-11-2018 in Kagoshima pref-ACROS (1)
↑が、この写真に関しては、撮影地の霧島神宮を訪ねた時の「思い出」が深い…

鹿児島中央駅近隣に滞在し、早朝の日豊本線の普通列車に乗り込み、未だ薄暗い間に霧島神宮駅に着いた…霧島神宮へ向かうバスは、殆ど1時間半も待つような状況だった…で…歩いた…1時間15分程度を要し、何とか辿り着いた霧島神宮…画は、その本殿へと続く道である…

↓18世紀の造営であるという華麗な本殿…貸し切りバスで方々を巡るグループの皆さん等がやって来る少し前の時間帯…こうして静かに向き合った時間が好かった…
27-11-2018 in Kagoshima pref-ACROS (2)

「天孫降臨」という神話に関連し、古くから多くの人達の篤い信心の対象となった社…ここもまた「渦巻く天地の力」というようなモノが感じられる場所だ…

こういうような風景を撮る場合…広角ズームは非常に便利だ!

御神木:鹿児島神宮(2018.11.27)

↓推定樹齢800年超…「酷く大きい」とでも表現する以外に言葉が思い当たらない…
27-11-2018 in Kagoshima pref-ACROS (3)
↑日豊本線の隼人駅から15分程度歩くと、古い由緒を誇る鹿児島神宮が在る…その境内に植えられている御神木である…

「神社の御神木」とでも言うと、「日本的なモノ」の最たるものかもしれない。が、こんなに大きな木が植えられている状況に、個人的になじみが薄いこともあり、何か「エキゾチック…」と思いながら御神木を眺めた…同時に、御神木を擁する境内に「渦巻く天地の力」のようなモノも感じた…

こんなに大きな木…写真を撮る場面で、広角ズームの性能が活きた…そして複雑な葉の感じや、木の肌が綺麗に記録された…