未だ暗い早朝…:レーニン広場(2018.09.22)

↓思い付いて…少し早めに戸外に出たという休日の朝だ…
ACROS 22-09-2018 in early morning (2)
↑散水車が出て濡れている路面…未だ残る灯り…ほんの少し明るく、雲が流れる空…独特な空気感が漂う…

↓濡れた路面と、その路面への映り込みが殊更に好い…
ACROS 22-09-2018 in early morning (1)

フィルムシミュレーションの“ACROS”で撮った画によるHDR画創り…<X100F>による画が非常に活きるような気がしているが…同時に酷く趣味性も高い…久し振りにやってみたというような形だ…

後光?!:レーニン広場(2018.09.21)

↓夕刻…午後7時になる少し前の様子…
ACROS 21-09-2018 in evening

射し込む西日の光…西日そのものも画に入っているが…強い光と、光で生成される影…光と影が醸し出す空気感…見事に記録する<X100F>である…

久し振りに…フィルムシミュレーションの“ACROS”で撮った画によるHDR画創りをやってみた次第…

<ノーヴァヤ・ゼムリャ>(新しい地面)から望む日本海:ネベリスク(2018.07.27)

↓2007年の直下型地震で隆起した「新しい地面」の端辺りで、日本海に日が沈んで行こうとしている様を眺めた…
ACROS 27-07-2018 at Nevelsk (5)
↑海岸部に広場のようなモノが突出し、辺りは広範に遠浅な、独特の地形になっている…海水面が鏡面のようになり、空の様子が映り込む…

質感を巧く記録してくれる感の<X100F>…撮った画を使ってHDR画を創ってみると、「視た感じ」に加えて「感じた何か」までも画の上に残ってくれるような気がする…

朽ち果て掛けた難船:ネベリスク地区ロパティノ(2018.07.27)

ネベリスクの市域の南端部を踏み越え、少し進むとロパティノという場所に至る…

↓海岸での眺めだ…
ACROS 27-07-2018 at Nevelsk (1)
↑気温が急上昇し、海霧が滲み、複雑な雲が拡がる空と穏やかな海…何時頃、どういう経過で座礁したのかはよく判らない、「錆びた金属塊」の様相を呈する難船…風情が在る画のように思う…

こういう様子を切り取る<X100F>…何処へ行くにも手放せない…

離岸堤の様相を呈する旧い防波堤:ネベリスク港(2018.07.27)

2007年…サハリン島の南西部、日本海側のネベリスクで直下型地震が発生した…地域に大きな被害をもたらしてしまったのだったが…海岸の一部が隆起し、「新しい地面」が生じた…

↓その「新しい地面」の端辺りから、旧い防波堤の一部を望んだ…
ACROS 27-07-2018 at Nevelsk (2)

この種の画…<X100F>で撮ると、雰囲気が在る画になる…

Биг-Бен(ビッグベン)(2018.06.07)

↓肉汁が溢れだす、適度に分厚いビーフハンバーグが2枚にタップリのチーズ…なかなかに美味いハンバーガーだった…
ACROS 07-06-2018 dinner (2)

パン、肉、チーズ、野菜、敷かれた紙…質感の異なる様々なモノの雰囲気が好く伝わる<X100F>の描写力…そして背景の適度なボケも感じが好い…

壁掛け時計(2018.06.07)

↓最近よく寄る、ハンバーガーの美味い店で視掛けた時計である…
ACROS 07-06-2018 dinner (1)
↑「ここが空いていて、1人で陣取るには好さそうな感じだ…」と席に着こうとした時、何となく眼に留めた…

「昔風?」なようでいて「近未来的?」な、「保守的なデザイン?」なようでいて「前衛アート的なデザイン?」という具合で、なかなかに素敵だと思った。

こういう「メカが仕込まれた、金属的な感じ」のモノが「煉瓦風な壁に」という、異なる質感が交じり合ったような感は、<X100F>の描写力が活きるような状況だと思う…

<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>の中(2018.05.09)

久し振りに、大聖堂の中に入ってみた…

↓ぼんやりと見上げると、こういう様子だ…
ACROS 09-05-2018
↑何やら「神の宇宙」とでも呼びたくなるような空間だ…

中央のキリストの画の辺りと周りは明るさも異なるのだが…くっきりと違う明るさの箇所の画が記録されている…こういうのが<X100F>の素晴らしさのように思える…

本当に、何時の間にか「外出時は原則的に<X100F>を携行」という感になっている昨今である…

旧「王子製紙眞岡工場」(2018.04.24)

↓「過ぎる…」と言いたい程に「モノクロが似合う」という感の光景である…フィルムシミュレーションの“ACROS”を使う「ために在る」かのようにさえ思う…
Холмск 24-04-2018

大変に気に入ったモノクロの画だが、ブラケット撮影をしてあった分を引っ張り出してHDR画を創った…

「早春の趣」で穏やかな日…日本海を背景に佇んでいる廃工場…微細な箇所まで確り描写されている感だ…これが<X100F>の「力」というものだ…

<Мокко>(モッコ)=カフェモカ (2018.04.11)

↓ラテアートが華麗だ…
ACROS 11-04-2018 (2)
↑珈琲にチョコレートシロップとミルク…「カフェモカ」だ…何か「適度な甘味のココア」という感もする飲物だ…

華麗な印象の、繊細なラテアート…それが据えられたテーブルやカフェの空間がボケている感じ…<X100F>が実に佳い仕事をしてくれた!