<クリスマスツリーの木>…:美瑛(2021.01.02)

札幌の東側、江別市との境目に向かっていく辺りの厚別駅から列車に乗り、旭川駅へ至った。稚内駅へ向けた「更なる北上」は「翌早朝から…」ということにしてしまって、数日の降雪が落ち着いて天候が悪くなかった様子に触れ、美瑛に寄道をすることに決めた…

↓<クリスマスツリーの木>を眺めに行ってみた…
ACROS 02-01-2021 Biel vol01 (3)

↓少し雪深くなった辺りに「クリスマスツリー!?」という感じな1本の木という光景である…
ACROS 02-01-2021 Biel vol01 (2)

これは「誰かが丁寧に描き込んだ心象風景の画」というのでもなく「眼前の風景」なのだ…見入ってしまった…

↓何か「世界を大胆に抽象…」というような様子にも視え、「禅寺の意味深長な感に設えられた庭?」というような気分にもなった…
ACROS 02-01-2021 Biel vol01 (1)

ところで…「Xシリーズ」のカメラの“耐寒性能”として「氷点下10℃」と謳われている場合が在る。立寄った際の美瑛は「氷点下15℃程度…」という状況であった。が、カメラは好い仕事を確りとしてくれた…

“クリスマス”は一寸過ぎてしまったが…祭事を古い暦で催すというロシア正教では、クリスマスは来る1月7日に祝うのだという。不意にそんなことを思い出し、この“クリスマスツリー”をロシア流に<ヨールカ>(Ёлка)とでも呼んでみたいような気分になった…

一寸だけ時間を設けて、こういう景色を愛でてみるというのも悪くないと思う。それ位のことをする、色々な意味での“ゆとり”は何時でも気持ちの隅に留めておきたいものだ…

この記事へのコメント