A.S.プーシキン像(2018.02.16)

サハリンで「誕生日?」と話題になり、「かのプーシキンと同じ日付らしい…」とでも言えば、9割程度の確率で「6月6日?!」という話しになる。プーシキンはそういう程度にロシアでは親しまれて有名な詩人である…

近所にそのプーシキンの像が在る…像に関して、朝の未だ暗い時間帯等の写真を撮った経過が無かった…「思い立ったら!」と朝食後に一寸プーシキン像の辺りへ…

↓多少の雪も被りながら、プーシキンは静かに何時もの位置に座っていた…
16-02-2018 morning ACROS (3)
↑銅像を据えた緑地の街灯との組合せ…何か非常に好い雰囲気だ!気温は…氷点下23℃…

冷え切った空気の感じ…遠近の色々な位置に在る街灯の仄かな灯り…灯りに浮かぶ雪や氷と銅像の質感…「モノクロ(<X100F>の“フィルムシミュレーション”の“ACROS”)で創るHDR画」は、それらを「密度が高い」感じで再現してくれる…

この記事へのコメント