吹雪く朝:カール・マルクス通(2018.01.24)

氷点下10℃を少々下回っているような気温帯で降雪という朝…粒子が細かい雪がゆったり降っている感だが…風が存外に強く、「冷静に視れば、過日の大雪程に多くない雪…」と思える中「積雪が風に舞う」感じで、「酷い…」と思える状態だ…

↓雪がやや深い所を避けながら、視界が今一つで、顔に雪が吹き付けるような状況下で慎重に進む…
24-01-2018 morning ACROS (1)
↑外壁部の照明が明るい建物は、辺りの目印になり、周辺が明るいので少し有難く思える存在だ…多少、苦戦しながら歩いている人達のシルエットも眼に留まる…

日本国内の荒天傾向が伝えられているが…荒天傾向は国境をアッサリと踏み越えていて、ユジノサハリンスク辺りも少し荒れている…

この記事へのコメント