旭橋(2021.02.22)

旭川に立寄るか滞在するかという場面では、「旭橋を眺めて写真を撮る」ということをするのが好きだ。「暗くなる前に一寸歩く?」という感じで、旭橋の辺りまで散策に出てみた…

↓車道の雪は殆ど無いが、歩道には存外に凍り付いた雪が残る中…旭橋辺りに着けば周辺には雪が堆くなっていた…それでも旭橋は凛々しい!
ACROS 22-02-2021 at Asahikawa (2)

↓本当に少しだけ眺めて引揚げた…
ACROS 22-02-2021 at Asahikawa (1)

愛用の<X100F>を提げて出て、それを使ったが、雪や金属の質感が巧く記録された…

雪交じりな早朝…(2021.02.09)

↓「またか…」という言葉が洩れながら眺める早朝の様子だ…雪交じりだ…
ACROS 09-02-2021 morning
↑画の右手前側の空地に、方向転換でもしようとしたらしい車輛が雪面に残した轍が視える…

辺りでは冬季の降雪や積雪が特殊な訳でもないのだが…このところは時間の長さや量の過多やその性質が様々ではあるものの、「殆ど毎日のように雪交じりな場面が在る?」というように感じる…

愛用の<X100F>は、こういうような辺りの様子を確りと仔細に記録してくれる感だ…

午後7時頃…(2021.02.07)

日曜日の夕刻、少しばかり出て、「一応の夕食…」という感で串カツを愉しんだのだった…

「一寸、面白かった…」と引揚げて、拙宅の側へ歩んだが…

↓午後7時頃の様子だ…商店街である…
ACROS 07-02-2021 evening
↑思わず足を停め、持っていたカメラを取り出したのは「深夜のような風情?」と思ったからだ…

午後7時?この辺りの商店は粗方営業を終える…そして店舗営業の無い閉まったままの建物や、旧い建物が解体されてしまった箇所も在って、商店で埋まっているのでもない場所だ…

画の奥側は少し照明が明るいような感じに視えたのが、少し面白いとも思ったが…自身以外の通行人を視ないのも“特別”ではない…これが「リアルな近隣の様子」である…

夜間の照明の下、積雪も目立つ中での辺りの様子が鮮明に、仔細に記録されている…<X100F>の佳い仕事というものだ…

早朝の東京駅…(2020.12.27)

新幹線の列車と、普通の特急列車を乗り継いで、東京から札幌へ「飛ばずに移動…」ということを思い立った…

↓早朝に辿り着いた…前夜から近くに泊まったので、「辿り着く」という程のことでもないが…早朝の列車に乗ろうと、早朝の東京駅に至った…
ACROS 27-12-2020 Tokyo Station in early morning (2)
↑何処となく「何処かの国の王宮??」というような雰囲気であると思った…

↓こういうような建物の内部を抜けて、新幹線の列車に乗る場所までは存外に動かなければならないのだが、それでも「一寸だけゆとりを持って駅に至って眺める」という価値は高いような気がした…
ACROS 27-12-2020 Tokyo Station in early morning (1)

東京駅…時には好いかもしれない…

除雪作業の痕跡…(2021.02.03)

「氷点下10℃を割り込んでいるらしい…」という早朝を迎えた…

或る種の「怖いモノ視たさ…」という気分を否定はしないが、「極々短い散策」と称して早朝の戸外へ出てみた。

北門神社の鳥居の辺りに出て、稚内港北防波堤ドームの辺りを視て、酷く手の指も冷たく―当然ながら普通な手袋は着用していたが…―なったので素早く引揚げようと歩を速めた…

↓こんな様子に出くわして、思わず歩を止めた…
ACROS 03-02-2021 early morning (1)
↑最近の「やや多め?」と感じられる降雪と積雪が断続的に続いた状態の中、除雪作業が細かい間隔で繰り返された痕跡だ…道の両脇に「態々設えた?」、或いは「設えようとして簡単に出来るのでもない?!」という“壁”が表れている…

当地では昨季、一昨季と「やや雪が少ない?」というシーズンが続いていて、今季の雪の量に関して「概ね平年並みらしい」と言われても得心し悪い感なのだ。この画の“壁”には少し圧倒された…

温度が多少上り、また下がってという温度変化や、風の向きや強弱も刻々と変わる中で、性質が様々な雪が三々五々積もったような感なのだが、そういう「複雑な雪の質感」が巧く記録されたような気もしている…

稚内港北防波堤ドーム…(2021.02.03)

未だ「消灯…」になる前…暗い早朝に稚内港北防波堤ドームの辺りへ出てみた…

↓雪は些か降っていたかもしれないが、然程気にはならなかった…寧ろ、時々吹き抜ける風に、粒子が細かい積雪が舞うような感だった…
ACROS 03-02-2021 early morning (2)
↑屋蓋の構造の高目な辺りにまで、風に舞った雪が付着しているのが判った…

風に舞っているような雪、稚内港北防波堤ドームや辺りの様々なモノに付着する雪の質感、そして未だ暗い早朝に人工の光に浮かび上がる辺りの雰囲気が巧く記録された…

「立春」の今朝…氷点下10℃を割り込んだ…戸外を歩けば直ぐに手の指が痛くなってしまうような感の寒さ…文字どおりに「極々短く…」で引揚げたのだった…