海の結氷…(2021.01.13)

「事の起こり」が、やや煩雑と言えるかもしれないが…

豪州に知人が在る。ネット上のやり取りが在り、先方の来日機会に稚内や札幌で実際に御会いした経過も在った。その後も思い出したような連絡は絶えず、過日も年末年始の“時候の挨拶”の延長のようにやり取りが在ったばかりだった。

その知人から連絡が入った。「稚内港というのは冬季に凍るものだっただろうか?!」ということであった。

“日本ファン”を自認し、「叶うことなら、移り住んでも…」と言う場合さえ在る知人は、日本国内各地を色々な季節に訪ねていて、冬の北海道に滞在した経過も在る。冬に稚内に現れて御会いしたということも在った…そんな知人は、北海道内のテレビ局等がウェブ上に出している様々な写真を色々と眺め、「昨今の事情…」の故に随意に旅行に出ることもままならない中、「想い出の北海道は、この時季、どんな按配か?」と、多分現在は“夏”である地元で“冬”を想い出して振り返っていたのであろう。

「稚内港というのは冬季に凍るものだっただろうか?!」と訪ねる知人は、稚内市開基百年記念塔にでも据えられたと思しきカメラで撮った稚内港の写真を示す。沿岸部の海水の部分が、確かに一定程度凍って白くなっていた…

問いに応え、「氷点下10℃前後に冷え込んだ感じが少し続くと、港の一部水域で水面が凍る場合も在る。が…珍しいと思う。最近は“珍しい”という程度に冷えてはいた」と連絡した。「なるほど!氷点下10℃ともなれば、少し広い範囲で水が凍るような、なかなかの寒さであろう…」と先方は得心していた。

そんなやり取りを通じて、「そう言えば、“凍った海”というのは稀かもしれない…一寸、視に行く?」と思い付いた…

「行く」と言っても、日頃から船や海や空を眺めに出てみる「極々短い散策」の範囲だ。しかし、吹き溜まった雪に行く手を阻まれ、そこを強引に突き進むような、何処となく「一寸した探検…」のような風情さえ漂う中で、港の海面を望む辺りに出てみたのだ…

↓防波堤に囲まれた水域、沿岸寄りの海面が凍ってしまっている…埠頭の上には吹き溜まった雪が多く見受けられる…
ACROS 13-01-2021 early morning (1)
↑沖は氷の影響が無いので、フェリーは普通に出航の準備に勤しんでいた…

↓こちら側の、稚内港北防波堤ドームが視える側も海面が凍っていた…
ACROS 13-01-2021 early morning (2)

「少しだけ気温が上昇?」という噂も出ていた中、確り凍った様子を強引に眺めてみた。氷点下の気温でも<X-Pro2>や装着した1<XF16mmF2.8>は問題なく動き、氷の質感を確り記録してくれた訳だ…

今季は“低温傾向”で、少し変わった様子が視られた…

下り坂な天候の朝に…(2021.01.08)

「荒天への注意喚起」というような中で迎えた早朝…

↓戸外の様子を伺ってみた…
ACROS 08-01-2021 early morning
↑前夜から早朝までの降雪量は多いようには思い悪い。若干の降雪が、または薄く積もった粒子が細かい雪が風に舞っている感だ。そういう中、新聞配達の方が自転車で通り過ぎた痕跡が路上に視えた…

積雪に光が撥ね返り、冬季の夜は少し明るく感じる場合も在る…「下り坂」と思っておくべき天候の1日が始まろうとしているが、未だ辺りは眠っているような感でもあった…

<クリスマスツリーの木>…:美瑛(2021.01.02)

札幌の東側、江別市との境目に向かっていく辺りの厚別駅から列車に乗り、旭川駅へ至った。稚内駅へ向けた「更なる北上」は「翌早朝から…」ということにしてしまって、数日の降雪が落ち着いて天候が悪くなかった様子に触れ、美瑛に寄道をすることに決めた…

↓<クリスマスツリーの木>を眺めに行ってみた…
ACROS 02-01-2021 Biel vol01 (3)

↓少し雪深くなった辺りに「クリスマスツリー!?」という感じな1本の木という光景である…
ACROS 02-01-2021 Biel vol01 (2)

これは「誰かが丁寧に描き込んだ心象風景の画」というのでもなく「眼前の風景」なのだ…見入ってしまった…

↓何か「世界を大胆に抽象…」というような様子にも視え、「禅寺の意味深長な感に設えられた庭?」というような気分にもなった…
ACROS 02-01-2021 Biel vol01 (1)

ところで…「Xシリーズ」のカメラの“耐寒性能”として「氷点下10℃」と謳われている場合が在る。立寄った際の美瑛は「氷点下15℃程度…」という状況であった。が、カメラは好い仕事を確りとしてくれた…

“クリスマス”は一寸過ぎてしまったが…祭事を古い暦で催すというロシア正教では、クリスマスは来る1月7日に祝うのだという。不意にそんなことを思い出し、この“クリスマスツリー”をロシア流に<ヨールカ>(Ёлка)とでも呼んでみたいような気分になった…

一寸だけ時間を設けて、こういう景色を愛でてみるというのも悪くないと思う。それ位のことをする、色々な意味での“ゆとり”は何時でも気持ちの隅に留めておきたいものだ…