<IWOR-UN-PASE-KAMUY>(イウォルン パセ カムイ)=「その場所を見守る尊い神様」:<地下歩行空間>:札幌(2020.07.20)

小樽に滞在しながら札幌に出て所用を足す。「(俄かに)小樽の住民」という状況だ…

そんな状況下、小樽駅からの列車で札幌駅に着き、大通方面とを結ぶ大きな歩行者通路である、「読んで字の如く…」である<地下歩行空間>に足を踏み入れた…

↓「これは!?」と些か驚き、足を停めて眺め、写真を撮ってしまった…
ACROS 20-07-2020 'IWOR-UN-PASE-KAMUY' at Sapporo
↑「地下の世界に降臨した神?!」というようなことを想ったのだった…

これは翼を広げたシマフクロウを象った彫刻だ。

シマフクロウは主に夜間に活動する鳥で、樹上から川や池に降下して魚を器用に捉えて食するらしい…そんな鳥なのだが、暗い夜に一定の場所に在り続けて「辺りを見守っているかのような?」という様子に、アイヌは“聖性”のようなモノを感じたのか?「その場所を見守る尊い神様」という意味の「イウォルン パセ カムイ」と呼び、「村の守護神」のように考えていたようだ…視た時に何となく感じたが、この彫刻は「神」をイメージした作品だった訳だ…

何となく<X100F>を提げていたが…こういう「視ていた筈なのに気付かずに居たモノが不意に眼前に迫って…」というような場合も在るので、街を歩く場面ではカメラが在った方が好いと強く思った。そして<X100F>はそういう状況が似つかわしい…

<旧 越中屋ホテル>…(2020.07.20)

「(俄かに)小樽の住民」という情況で、札幌を往復するなどしながら所用を足して過ごしていると、特段に縁深いということでもない小樽の駅に着いて「戻った…」という程度に感じるようになってしまう。そういうように感じていた夕刻、軽く何かを摂ろうと辺りを少しだけ歩き廻った…

↓こういう様子を見掛けた…
ACROS 20-07-2020 an old building at Otaru in evening
↑何か「古い時代には“モダン”と言われていた筈…」と思わせる建物だ。夕刻に暗くなり切る前に照明が点り始めたような頃の、なかなかに好い雰囲気を醸し出している…

これは<旧 越中屋ホテル>で、1931(昭和6)年に竣工であるという。往時は、国外でも「日本の北海道の小樽という場所に在る宿」として紹介もされていたらしい。大正時代から昭和の初めの“最新”ということになる建物だ。

現在も、この建物を利用して宿泊施設が営まれているようだ…滞在してみたことは無いが…

その辺に一寸出るという場面でも、何となくカメラは持参してしまう。今般は<XF16㎜F2.8>を装着した状態の<X-Pro2>を持参した。こういうような「麗しい建物!」という画を撮る場面では好い装備だと思い、最近は殊更に多用してしまっているかもしれない…

小樽は「出る時はカメラ持参に“させてしまう”というような雰囲気」が在るような気がする。そしてそういう街の居心地は悪くはない…