流氷と暁と…:稚内港北防波堤ドーム周辺(2020.03.07)

オホーツク海の流氷が宗谷海峡に流れ込み、稚内港辺りに至るという現象…近年は「何年かに一回?」というような感である。そういう状況になると「一寸珍しい?!」と海岸部に足を運んでしまう…

私の場合は、特段に変わったことなど無くとも、海岸の辺りで散策をするのは珍しくないのだが…それでも「一寸珍しい?!」という状況が在ると聞けば、少し張り切って散策に出てしまう。

↓「散策の友…」として<X100F>を持参…
ACROS 07-03-2020 morning (1)
↑不思議な様相を呈する、流氷が浮かぶ海面を眺めた…前夕までは稚内港北防波堤ドームの少し向こうまで流氷に覆われていたが、早朝までに流れてしまったようだ。

↓それでも岸まで氷が浮かんでいて、氷は間もなく解き放たれようかという朝の光を受けている…
ACROS 07-03-2020 morning (2)
↑そして高い空に不思議な雲が拡がって来た…

↓暫し様子を眺めていると、朝陽が丘陵の向こうに姿を見せ始めた…光が解き放たれている…
ACROS 07-03-2020 morning (4)

海面、浮かぶ氷塊、沿岸の構造物、放たれる光、光に滲む辺りの様子…何れも確りと記録されている感…だから<X100F>を抱えて散策に出てみるのは好い!こうした「一寸珍しい?!」であれ、何ら特別なことも無い様子であれ、ドンドン写真に収めたいものだ…

小樽運河:早朝…(2020.03.01)

「この街で早朝に少し歩いてみたい…」とでも思い付けば、その街で夜を明かして、朝を迎えてから散策に出るということが「殆ど唯一の方法」のように思っている…

早朝は、通行人や通過車輛が少な目であることに加え、暗い夜の残滓の中で少しずつ明るくなる中で灯りが完全に消えてしまっていないという「微妙な状態」で、余程歩き悪い天候でもなければ「気持ち好く散策しながら景色を愛でる」ということをするには好適な時間帯であるように思う…

何やらゴチャゴチャした雰囲気の中で稚内から南下して至った小樽…「早朝に…」との想いで、この街で夜を明かした…

そして迎えた朝に散策に出た。出た時、2台のカメラを持参すべきか否かと迷ったが、潔く<X100F>だけを提げ、何も持たずに出た…

↓小樽運河の光景に見入ってしまった…
ACROS 01-03-2020 Otaru Canal in early morning (1)

↓なかなかに好い感じだ…
ACROS 01-03-2020 Otaru Canal in early morning (2)

↓運河沿いの歩道を歩いた…
ACROS 01-03-2020 Otaru Canal in early morning (3)

↓少し視点を変えてみた…
ACROS 01-03-2020 Otaru Canal in early morning (4)

↓実に好いものだ…
ACROS 01-03-2020 Otaru Canal in early morning (5)

小樽に関しては「札幌から訪ね易く、街の雰囲気がなかなかに好い」とは思っていたのだが…今般の散策で更に好いと思うようになった…