<サロベツ>(“ノースレインボー”編成)…:旭川駅(2019.11.11)

旭川・稚内間の特急列車<サロベツ>は、通常は4輛で運行している。それに乗車しようと旭川駅に入れば、何やら「5号車自由席」というようなアナウンスが在って「?」と思った…

↓ホームで自身を含む乗客を待ち受けていたのはこの車輛だった…
ACROS 11-11-2019 Asahikawa Station (3)
↑キハ183系ディーゼルカーを改造したモノで、5輛の固定編成になっている“ノースレインボー”だ…

↓車輛が変わっても、札幌からやって来る左の<ライラック>と接続で利用可能という状況に変わりは無い…
ACROS 11-11-2019 Asahikawa Station (2)

車輛の感じや駅の中の感じ…好い感じの画に纏まった…

2本の<ライラック>…:旭川駅(2019.11.11)

所用で札幌へ出て、用事が済んだ後には旭川に向かい、旭川から夜の列車で稚内へ引揚げる…そんな段取りで動いていた…

↓とりあえず夕刻の旭川駅に着き、ホームで一息入れていた時に出くわした光景だ…
ACROS 11-11-2019 Asahikawa Station (1)
↑右の3番ホームに停車している<ライラック>は札幌から乗車して到着したばかりの列車だ。左の4番ホームに停車している<ライラック>は、到着した時点で出発に向けて待機中であった列車で、間もなく動き始めようとしている…

2本の<ライラック>…同じ仕様―新幹線開業の頃に、函館から移って来た車輛―で、共に6輛編成の789系電車だ。

789系電車…造り込んだ感じの先頭と金属が剥き出しという感の車体側面の感じが、こうしたモノクロ写真でも好い感じに見える…出発間際で前照灯を点けて、運転士が既に陽が落ちて時間を経ている暗い外を視易いように乗務員室の灯りを落としている左側の列車…車内清掃等をしているらしく、後尾のランプが未だ点いていて乗務員室も灯りが入っている右側の列車…それらがコンクリートのホームの辺りに並び、金属の支柱で支えられている大掛かりな屋根や、駅の中の照明等のランプが点いている…<X100F >で撮ってみた画では、こうした辺りの情景が細密に描写出来ている…

何か酷く気に入った画だ…

旭橋(2019.11.09)

旭川に滞在する場合に、一定以上の確率で「思わずやってしまう」ということに一つに、早朝に旭橋辺りへ散策に出るということが在る…

↓前日までの雪が残り、未だ少し降るかのような雲が多い早朝…未だ静かな道路で、この旭橋を撮った…交通量が少ない早朝であるが故に出来ることである…
ACROS 09-11-2019 morning at Asahibashi-Bridge, Asahikawa
↑舗装路面と金属の橋梁やコンクリートの他、雪や氷が画の中に入っているが…我が<X100F>はそれらが未だ消えていない灯りに浮かび上がる様を細密に描写している…

好きな風景は何度でも訪ねて、何度でも写真を撮る…なかなかに好いと思う…