船上から遠ざかる<ルースキー橋>を望む…(2018.06.10)

例えば「ロクでもない一日…」というようなモノは、「極力早く“無かったこと”にでもしてしまいたい…」という感だと思うが…「素晴らしいことが在った!」というような日に関しては、「或いは“一年で最良”かもしれない一日」として長く記憶に留めたくなる…

ウラジオストクを訪ねた折り、ボートで近隣の海を巡るツアーに参加し、素晴らしい風景を愉しむことが出来た…「今年の(ここまでで)最良の日!!」という程度に思った…

↓揺れるボートの上での写真…やや揺れることは免れない…変に傾いた画を撮ってしまう場合も多いが、「とにかく撮る!!」感じで、後から気に入ったモノを選ぶようにする…そういうことで見出した画である…
10-06-2018 on tour (ACROS) (6)
↑深い入り江のような複雑な地形の故に、ウラジオストク港周辺は概して波静かだが、それでも海面は少しばかりうねり、ボートが航行する際にも波紋が拡がる…そういう中に巨大な橋梁や街並み、そして空と雲である…

こういうツアー…写真好き、写真家というような人達が参加する例が多いが…御一緒した方達の一人が、私が提げていたカメラに眼を留めて「フジのXですね?」と声を掛けて下さった…Xシリーズは「ロシアでも一定の声望が在る」と見受けられる…因みに、この時にボートに乗った船長を含む9人の中で「ロシア国外から」は私だけだった…

<X100F>は、この「西日の光線に照らされる光景」を実によく捉えている…うねる海面の一瞬、複雑な雲と光、シルエットになっている街並みの一部、巨大な橋梁のワイヤー…「遺憾無く実力を発揮」というものである…

素早く“フィルムシミュレーション”を切り替えながら、カラーもモノクロも撮った…モノクロの“ACROS”で撮り、それを使ってHDR画を…「一寸した贅沢」のように思う…「視た」光や形に加えて「感じた何か」を“画”にしてくれているような…そんな気がする…

最初から、こうした「記憶に残る…是非とも記憶に留めたい…忘れ得ない…忘れたくない…」という光景と出くわすことを求めてはいるが…<X100F>を手にするようになって、そうしたモノへの希求が強まった…そして、少しなりとも好いと思った光景は、<X100F>が確り記録してくれる訳だ…