レーニン像…駅…橋梁…(2018.05.05)

↓「初めてのウラジオストク」で出逢い、「最も気に入った風景の一つ」に挙げたい、何度となく写真に撮った場所だが…朝陽が高くなろうとしているような頃合いの様子が素晴らしかった!
Vladivostok 05-05-2018 ACROS (2)

画に収まった、木や石や金属、空と雲…それらの「多様な“質感”」が丁寧に記録されている感だ…全般に「寧ろ柔らかい…」という描写の雰囲気…これが<X100F>の威力!

<X100F>を使うようになって…「多少、写真を撮るのが巧くなった?」と錯覚を起こしてしまうようになったかもしれない…何時も「好い画」を記録してくれる<X100F>には大感謝だ…

「路面電車105年」:ウラジオストク(2018.05.05)

ウラジオストクでは1912年から路面電車が動いている…

↓車輛の先頭に「路面電車105年」と書き込まれた車輛が停車中だ…
Vladivostok 05-05-2018 ACROS (3)
↑「何年位使っている?」と推定し悪い感じの車輛だ…

1912年以来路線網を拡げた路面電車だが…車輛が街に溢れるようになった中で殆どの運行系統が廃止になり、“専用軌道”という状態になっている区間が殆どである1つの系統だけが細々と運行を継続している…

写真は、その1つだけ残った系統の起点・終点となるミンヌィエ街の停留所で停車している電車だ…

車輛の古びた金属の感じ…何度も塗料を塗り直したような表面の質感…そういうモノが<X100F>の御蔭で非常に好く記録される…

早朝のウラジオストク駅(2018.05.05)

出先で朝を迎え、天候が好い時には非常に気持ちが弾む…少し辺りを散策してみるのが好い…

↓海が見える辺りに出て、陽が上った少し後に駅前を通って宿に引揚げようとしたのだったが…駅の側を振り返り、思わず写真を撮った…
Vladivostok 05-05-2018 ACROS (1)
↑何時も賑やかな駅前のアレウツカヤ通も流石に静かだが…「これから動き始める…」という“空気感”が満ちた駅舎や駅前…流れているような形状の雲が浮かぶ輝く空…素敵だ!

何となく提げて持ち歩き、「おぉ!」と眼に留めた景色を撮る…<X100F>の最も「らしい」感じの使い方だ…