西天に輝く十六夜の月とレーニン広場(2018.02.02)

↓「月光を受けて佇むレーニン」という感である…
02-02-2018 morning ACROS
↑「十六夜の月が西の空へ去ろうとしている」ような、よく冷えた早朝の様子だ…多少、雪も舞うが、気になる程でもない…

「凍て付く空気感」―この時の気温が氷点下20℃台…―というモノが、豊富な情報量で記録され、それをHDR化処理で最大限に…<X100F>の御蔭で出来る楽しみ方だ…我が<X100F>も、「寒い中で使う…」ことを散々やっている“持ち主”に呆れているかもしれないが、よく付き合ってくれて、好い仕事をしてくれる…